ホームカジノ|クラップス

クラップス

2個のサイコロの出目を競うゲーム

日本人にはあまり馴染みがないかもしれませんが、クラップスはカジノゲームの中でも興奮度レベルの高い ゲームです。刺激的なゲームという言葉で説明されるゲームの中でもクラップスは上位に入ると思います。ランドカジノでもクラップスのテーブルでは人々が一団となって悲鳴をあげ、叫び声があがり、プレーヤーが興奮の坩堝(るつぼ)。どこにクラップスのテーブルがあるか探すことなく、一目見渡して、一番騒がしいテーブルがクラップスだと思っていいと言われるくらいなんです。

このゲームの起源は様々な説があるのですが、サイコロを用いたゲームは大昔から存在するため、どれも確証はありません。現代のクラップスゲームに目を向けていきましょう。 クラップスは2つのサイコロの出目を足した合計を推測する、という単純なゲームです。実際のところルールは少し紛らわしいのですが、なんといてもカジノの中でも1.41%という、最もハウスエッジが低いゲームのひとつです。

ハウスエッジとは控除率の事です。簡単に言えばハウスエッジが低いほど胴元の儲けが少なく、プレイヤーに還元される様になっています。ハウスエッジがルーレットの3分の1、一般的なスロットでは5~10分の1ということは、それだけ還元率が高く設定されてるってことですね。また、サイコロを投げるのがプレーヤー自身というところも、興奮する要因だと思います。スロットマシンやキノなどと違ってダイスやトランプは自分でコントロールできる所が楽しみの一つだと言えるでしょう

クラップスでは、全てのプレーヤーが交代でサイコロを投げます。 サイコロを投げているプレーヤーのことを『シューター(shooter)』と呼びます。すべてのプレーヤーは、自分がサイコロを投げる投げないに関わらず、通常シューターと同じ立場でベットをします。分かりやすく言えば、プレーヤー全員の代表として、シューターがサイコロを投げている、と考えればいいでしょう。プレーヤーが一団となり、カジノ側と対決する、という点がこのゲームを盛り上げ、楽しいところ。皆と反対の賭け方をするのもルール違反ではありませんが、プレーヤーが皆、同じ数字が出るのを願って盛り上がっているのに、一人だけそれを願っていない者がいるということは、ゲームをシラケさせることとなり、露骨に嫌な顔をするプレーヤーもいます。

ルールとは別に、ここは暗黙の了解となっており、逆の賭け方をしたい場合は他のプレーヤーがいない際にプレイすることをお勧めします。1『シリーズ』(ラウンド)の最初に投げる一投目のことを、『カムアウトロール』と呼びます。 いろいろな賭け方があるこのクラップスですが、まずはパスラインと呼ばれる、最も基本的な賭け方のベットから見てみましょう。カムアウトロール(第一投目)される前に、パスラインエリアにベット/チップを置きましょう。プレーヤー全員がベットを置いた後、いよいよシューターはカムアウトロールを投げます。

パスラインに賭けた場合、第1投目のサイコロの出目の合計が7か11になればその場で勝利となり、ベット額と同額が支払われます。2,3,12の場合は負け、残りの4,5,6,8,9,10が出た場合はもう一度サイコロを投げることができます。ここで重要なことは、1投目と2投目ではルールが変わります。2投目以降で勝つためには1投目で出た同じ数字が出なければなりません。逆に7が出ると負けになってしまいます。

この1投目に出た数字のことを『ポイント』と呼びます。例えばポイント(1投目の出目)が8の場合、マーカー(目印)が置かれ、再度サイコロを投げて勝敗を決める2投目に進みます。2投目以降は、8が出た場合は君の勝利、もし7ならば君の負け、それ以外の数字なら8か7が出るまで、何度もサイコロを投げ続けます。 このゲームにおいて、7という数字が常に注意を払っておかなければならない、最も重要な数字だということがお分かりいただけたでしょう。クラップスにおいて7という数字はゲームの勝敗を握っているのです。

カムアウトロール(1投目)で7の場合は勝ちとなりますが、それ以降のラウンドでは7は負け数字となります。 2投目以降、ポイント(1投目で出た4,5,6,8,9,10の数字のどれか)よりも先に7が出た場合、負けとなります。これを『セブンニングアウト』といい、そこでシリーズは終了、新たなシリーズのため、次のプレーヤーにシューター役が回されます。

クラップスやるならベラジョンカジノ

ベラジョンカジノ