ホームカジノ|ルーレット

ルーレット

カジノの女王と呼ばれるテーブルゲーム

ルーレットの原型は17世紀イタリアで考案されました。オカと言い、これがブールやルーレットになり、あのパスカルがルーレットの形の作ったと言われています 現在のルーレットはデジタル化され、ゲームセンターにあるような、みんなで1つの画面をみて、それぞれが手元で賭けられるような仕組みです。昔のようにディーラーやペイメンは居ません。なんだか少し寂しい気分です。

ルーレットはどう賭けてもカジノ側が一定の控除率をとれるようにオッズが調整されている。これにはアメリカンスタイルとヨーロピアンスタイルが存在し、後者の方が控除率がひくくプレイヤーに有利に働く。なのでラスベガスではルーレットの利用率は低く、ヨーロピアンスタイルを取り入れているマカオでは利用率は高いです

ルーレットでどんな数字が出るかは分からないが、常にカジノ側が一定の勝率をとれるようになっていることは確かだが、掛け金や賭け方で少しでも多くする事ができる。 マーチンゲール、ダランベールなどのベッティングシステムが存在し、有料で販売されているベッティングシステムもある。システムによっては大きな損失を招くこともある

ディーラーがボールをコントロールできるかどうかについての議論は常にある。が仮想的にコントロールできると考えられる事はあっても、現実的には不可能とされています。仮にそのようなディーラーがいたとしても、お客と組んで不正を行うなどカジノ側に不利に働く可能性もあるので雇用には結びつかないだろう思われます

それに比べて特定の数字を外すのは、はるかにやさしいと思われ、実際にそのようなディーラーは存在したらしいです

ベラジョンカジノ

ルーレット

ルーレットの語源は、「小さな輪」を意味するフランス語に由来し、そこから「回転」「回転盤」という現在のゲームを指すようになりました。ルーレットの歴史には、様々な逸話があります

ルーレット

ローマ時代には、囲いの中に戦車を模した色付きの玉を入れて転がしたゲームも存在したともいいます